フレッツ光から違約金なしで乗り換える方法

解約するのに違約金払うのってバカバカしくないですか?

光回線を解約・乗換するときにいちばんネックとなるのが違約金です。フレッツ光の場合は違約金が以下のようにかかります。

①にねん割…9,500円
②初期工事費の残額(一括)…18,000円-(初回3,000円+500円×利用月数)

仮に一年程度つかって途中解約した場合、にねん割の解約金9,500円と工事費残額9,000円の合わせて18,500円を払わなければいけません。

解約金が18,500円ってまあまあ高いです(-_-;)

とはいえ解約しなければならない事情もあると思います。

引っ越しするから乗り換える人もいれば、速度が遅すぎて使えないからという人もいます。とにかく今お使いのフレッツ光をやめて、もっと安くて速い回線を使いたいというのは共通かと思います。

そこでこのサイトで紹介する違約金なしで乗り換える方法を使ってください。

違約金なしでフレッツ光から乗り換える全手順

ソフトバンク光のこちらのページでやっている、「《ソフトバンク光公式》 あんしん乗り換えキャンペーン」を利用します。

\《ソフトバンク光公式》 あんしん乗り換えキャンペーン /

【キャンペーン内容】:他社違約金・撤去費用を最大10万円までキャッシュバック
【条件】:他社コラボからソフトバンク光にお乗り換えされた方

※キャンペーンを利用するには違約金・撤去費用金額の証明のため請求書などのコピーが必須です

他社コラボとは?

NTT東日本/西日本が「フレッツ光」を卸売りして、各販売代理店が自社サービスとして提供するものを「光コラボ」と呼びます。

光コラボにはたとえばここで紹介しているソフトバンク光も入りますし、その他にもドコモ、OCN、ニフティ、ビッグローブなどもあります。

このようにソフトバンク光では他社からの乗り換えをサポートしてくれています。このキャンペーンをつかえば違約金負担ゼロで解約・乗り換えすることができちゃうわけです!

ではここでソフトバンク光について少し詳しくみていきましょう。

▼ Softbank光 -ソフトバンク光-

月額料金ホーム5,200円、マンション3,800円
工事費用フレッツ利用者は工事不要
通信速度1Gbps
割  引毎月最大2,000円割引
特  典他社から乗り換えで11,000円現金キャッシュバック(2ヶ月後に振込・オプション加入不要)

フレッツ光を利用している方は戸建てで5,600円程度、マンションで3,900円程度の金額を支払っています。それに比べると少し月額費用も安くなっています。

またフレッツ光からの転用であれば工事不要なので工事代金が浮きます。さらに現金キャッシュバックが11,000円も受けられるのでプラス収益がでます(笑)

ソフトバンク光は非常に人気が高い回線となっています。料金・特典・サービスのバランスに優れた人気のある光回線なので、一度加入を検討してみてもいいと思いますよ!

▼ Softbank光 -ソフトバンク光-

月額料金ホーム5,200円、マンション3,800円
工事費用フレッツ利用者は工事不要
通信速度1Gbps
割  引毎月最大2,000円割引
特  典他社から乗り換えで11,000円現金キャッシュバック(2ヶ月後に振込・オプション加入不要)

ネット回線を利用する場合、一定期間利用する契約をする事で初期費用や月額の利用料金を安くできる仕組みが有ります。 それを利用すれば、通常よりもかなり安い料金でネット回線を利用する事もできるようになっている為、契約時に一定期間利用する所にサインする人も少なくありません。 しかし一定期間利用すればそのサービスを利用する事は出来ますが、途中で解約する場合は契約を破棄した事になってしまいます。 前もって2年間等ずっと利用する契約をしたからこそ安くなっている料金なのですが、途中で解約するとなるとネット会社の方としても顧客が無くなると言う事で不利益を被る事に繋がります。 その為、契約期間の途中で解約する場合は解約違約金を払う仕組みとなっています。 2万円程度の料金を払う事が多く、これは携帯電話やスマートフォンだけでなく、ケーブルテレビのネット回線を利用する場合等にも請求される場合があります。 また、最初の2年を経過すれば解約違約金が発生しない仕組みになっているサービスもありますが、一定期間を経過するとそこで更新され、そこからまた一定期間契約が続くサービスを展開している会社もあります。 その為、加入しているネット回線の会社によっては、タイミングをしっかりと見計らわないと長期利用していても解約違約金を払わなければいけない時もあります。

▲ページトップへ戻る